自分の髪の毛を増毛に利用する

増毛をする場合には、規則正しい生活習慣に配慮することや、バランスの良い食生活をすること、そして、しっかり睡眠をとること、ストレスをためないことなどは、基本的な対応方法です。そして、増毛シャンプーや増毛剤、育毛剤などを利用することもよろしいと思います。しかし、以上のような対応をしっかりしていましても、薄毛に歯止めがかからないような場合には、外科的な増毛方法を選択せざるを得ません。外科的といいましても、方法はさまざまですが、最も良い外科的な増毛方法としては、ご自身の生きている毛母細胞を、発毛効果のない部位に移植をする方法がより良い方法です。ひとつひとつの毛根に生きた毛母細胞を植え付けるということになりますので、かなり期間がかかりますし、費用もかかるのですが、ご自身の細胞を植え付けることになりますので、頭皮が拒絶反応を起こす可能性はほとんどないのです。施術を受けるには、メンズエステなどを利用する方法や、増毛専門のクリニックなどに通院すればよろしいです。病的な薄毛でない限りは、保険の適用もないので、費用はかかるものの、外科的な増毛の対処方法としては、最も効果的な方法です。自分の毛母細胞を薄毛の部分に移植をすることにより、自ら発毛の効果を促すことができるので、ある意味、死んでしまった細胞を生き返らせる効果があると思ってもよろしいと思います。しかし、毛根ひとつひとつに、生きた細胞を移植することになりますので、すぐに、増毛ができるわけではないのです。しかし、逆に考えますと、かつらを利用するよりも、徐々に増毛ができますので、不自然さは感じないというメリットがあると思います。

Comments are closed.